銀杏の木

今期も半ばとなって来ました。

皆様、ご無沙汰しております。
執行委員長の成島です。

前期は少ない人数ながらも、アドバイザーの4年生よりサポートを受けスタートしました。
目指せ新入生30名獲得!と意気込んではいましたが、
なかなかどうして…そう簡単には行かず、3分の1程となりました。
しかしながら、少数精鋭とはまさにこのことで、とても志高く持った1年生でした。
各自が思い思いの企画を出し、より一層大学生活を快適、活性化を目指しています。
前期は例年と比べると、イベントが少なく退屈であったと思われる学生も多いかと思います。
ですが、これらも来年への布石であるので、どうかご辛抱ください!!

また、今年度の学祭「翔風祭」は昨年の25回よりも気合の入ったものになると思います。
翔風祭実行本部の皆さんが全身全霊で準備を進めていますね。
こちらは、こちらからもサポートさせて頂きます。
企画、運営、出店、一般来場者すべての方が楽しめるように
皆さんのご協力が必要となりますので、宜しくお願いいたします。

私は今年12月より就職活動が始まります。
周りの友人を見ていると普段より、意識高く持った方が多い気がします。
しかし、中には就活が始まるからあれをしてこれをして…よし、あれを始めよう!という学生も少なくありません。
間近となりそういったことをするよりも、普段より何らかの活動をし充実させたほうがいいと思うのです。
10のことを3だけ経験し10に見せるより、
10のことを3回(10×3)を経験し、10に凝縮して見せたほうが良いのではないでしょうか。
東京情報大学はまだまだ発展途中です。
他大学さんも究極を極めたところは少ないのではないでしょうか。
ここから更に飛躍するためには学生が動かねばならないと思うのです。
高校生までは限られた自由はありました。
大学生も制限は存在します(法律を守る等の基本的なこと)

ですが、学生団体が東京ゲームショウへ出店する、ホテルの大きいホールを貸切パーティを開く、
全国大会へ出場する部活動の試合をサポートする、杯争奪のスポーツイベントを行う等。
大規模なイベントもそうですし、新しい規則を作る、緩和する、施設設備を考える等も行うことができます。
こういった、活動に限らずとも学生の皆さんには在学中に精一杯活動をして欲しいと思います。
そして、地域や教職員、保護者の皆様には私達の活動暖かく見守っていただけると幸いです。

取り留めもなく書いてきましたが、ほんの少しでも皆様へ思いが伝わればと思います。
ご意見・ご感想があれば、お気軽にコメント若しくはメールにてお知らせください。

季節も不安定な日が続きますが、どうぞご自愛ください。
それでは、失礼致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です